着圧レギンスの豆知識

着圧レギンスの履き方を徹底解説!使い方・履くタイミング・着用時間は?

この記事では着圧レギンスの履き方についてお伝えします。着圧レギンスを履くタイミングや着用時間を徹底解説!

着圧レギンスは毎日履いても大丈夫なのか、筋肉痛や腰痛のときにも使えるのかについても紹介していきますね。

この記事を読んで着圧レギンスの使い方をマスターして、気になる太ももを引き締めましょう!

着圧レギンスの履き方は種類によって違います!

着圧レギンスの履き方は種類によって違う!

昼用・夜用だけでなく、医療用やお風呂用のタイプもある着圧レギンス。当然のことですが、種類によって着圧レギンスの履き方は変わります。

この記事では主に夜用の着圧レギンスについて履き方をお伝えしていきますが、同じ着圧レギンスでも使い方が違うことは覚えておいて下さい。

夜用の着圧レギンスと他のタイプの着圧レギンスで共通する内容も多いのですが、加圧力が強力な医療用の着圧レギンスを履く場合は特に注意が必要です。

医師の処方を受けた上で、自分にあった着圧レギンスを選ぶようにしましょう。

なお、着圧レギンスの種類については別の記事で詳しく解説しているので、そちらも参考にしてみて下さい!

あわせて読みたい
おすすめは?着圧レギンスの種類を医療用・夜用・入浴用などに分類!この記事では着圧レギンスの種類について解説します。医療用・夜用・入浴用など様々な種類がある着圧レギンス。 クールな素材を使っている...

あなたは大丈夫?着圧レギンスのダメな履き方4選!

ダメな履き方 対策
①:サイズが合っていない 自分に合ったサイズの着圧レギンスを選ぶ
②:着用時間が長過ぎる 1日の着用時間は12時間以内にする
③:履くタイミングが間違っている その商品にあったタイミングで履く
④:加圧位置が合っていない 着圧レギンスの歪みやズレをしっかりと整える

では、着圧レギンスのダメな履き方について紹介していきます。次の4つのNG例に当てはまっていないか、しっかり確認して下さいね!

着圧レギンスのダメな履き方①:サイズが合っていない

自分にあったサイズの着圧レギンスを履こう!

サイズが大きすぎる着圧レギンスでは脚やせ効果は見込めませんし、逆にキツすぎる着圧レギンスもNGです。

血流の悪化や肌トラブルの原因になりますので、まずは自分にあったサイズの着圧レギンスを選ぶことを徹底しましょう。

当サイトで紹介している着圧レギンスは伸縮性が高く、比較的幅広い体型の女性に対応しています。

とは言え、対応サイズの範囲外という可能性もありますので、着圧レギンスを購入する前に自分の体のサイズをしっかり確認するようにしましょう。

人気着圧レギンスの対応サイズについては別の記事でまとめてあるので、こちらも参考にしてみて下さいね!

あわせて読みたい
大きいサイズだと加圧されない?人気着圧レギンスのサイズと選び方!この記事では着圧レギンスのサイズについて解説します。 sサイズ・Mサイズ・Lサイズと細かくサイズ分けされている着圧レギンスもありま...

着圧レギンスのダメな履き方②:着用時間が長過ぎる

着圧レギンスの着用時間は12時間以内

いくら通気性の良い着圧レギンスでも、一日中着用しているのは問題があります。肌を外気に触れさせる時間も作るために、1日の着用時間は12時間以内に留めましょう。

着圧レギンスに慣れていない人は特に注意が必要なので、徐々に着用時間を伸ばしていくようにして下さいね。

無理して長時間着圧レギンスを着用していても、不快感が出てしまうと継続するのが難しくなります。

ダイエットには長期的な視野で取り組む必要があるので、継続するのが苦にならないような着用時間から、徐々に体を慣らしていきましょう!

着圧レギンスのダメな履き方③:履くタイミングが間違っている

正しいタイミングで着圧レギンスを履きましょう!

運動用の着圧レギンスや昼用の着圧レギンスを夜寝る時に履くと、睡眠の質が落ちる可能性があります。

夜用着圧レギンスの多くは日中にも着用可能ですが、寝るときには睡眠時に適した着圧レギンスを履くのが鉄則。

このように、その着圧レギンスにあったタイミングで使うようにしないと、着圧レギンスが体の不調を引き起こしてしまう可能性があるのです。

正しいタイミングで着圧レギンスを活用して、ふくらはぎや太ももを引き締めましょう!

着圧レギンスのダメな履き方④:加圧位置が合っていない

加圧位置をしっかりとあわせて着圧レギンスを履こう!

当サイトでおすすめしているのは本格派の着圧レギンスばかりなので、部位によって加圧の強さが違います。

どういうことかと言うと、例えば太ももとふくらはぎに加わる加圧の強さが違うわけです。この技術を分散加圧と言い、各メーカーの腕の見せ所でもあります。

このように加圧の強さが違うことで、脚にあるツボが適切に刺激され、血液やリンパの流れが促進されるのです!

着圧レギンスの加圧位置があっていないと、せっかくの分散加圧も宝の持ち腐れ…。

加圧位置をしっかりと合わせることで、着圧レギンスの効果を最大限に高めることが出来るはずですよ!

着圧レギンスの履き方を動画で紹介!

着圧レギンスを実際に履いている動画を見つけたので、こちらに貼り付けておきました。当サイトでもおすすめしている、メディレギンスという商品です。

実際に着圧レギンスを履いている動画を見れば、どうやって着圧レギンスを使うのかが分かりますからね。

サイズが小さくてなかなか履けないという可能性もありますが、当サイトで紹介している着圧レギンスは伸縮性が高いものばかり!

よほど体が大きくなければ問題なく着用できると思いますよ!

着圧レギンスの履き方について知っておきたい3つのこと

ここでは、着圧レギンスの履き方に関する補足事項をお伝えします。気になる見出しをチェックして、着圧レギンスの使い方についての理解を深めましょう!

着圧レギンスの履き方について①:筋肉痛を緩和する効果も期待できる?

着圧レギンスには筋肉痛を予防する効果も!

筋肉痛の緩和のために着圧レギンスを履きたいという人もいるかも知れませんが、着圧レギンスの目的はめぐりの促進です。

筋肉痛の緩和のためにはコンプレッションウェアの方が適しているでしょう。ただし、着圧レギンスで血流が促進されることで、下半身の筋肉痛が軽くなる可能性もあります。

筋肉痛の時に無理に着圧レギンスを履くことはおすすめしませんが、軽い筋肉痛程度であれば着圧レギンスを履いてみて、様子を確かめてみても良いと思いますよ。

着圧レギンスの履き方について②:運動中の着用で燃焼を促進!

運動中に着圧レギンスを履いて脂肪燃焼を促進!

この記事では寝るときの着圧レギンスでの話が中心でしたが、着圧レギンスの中には運動中に履くものもあります。

体温をアップさせて脂肪燃焼を促進する効果や、怪我を予防する効果がある運動用の着圧レギンス。

寝るとき用の着圧レギンスとは目的も素材も違いますので、うまく使い分けるようにしましょう。

運動用の着圧レギンスはヨガやウォーキングのようなゆっくりとした動きだけでなく、ランニングや登山などにも活用できますよ!

運動と着圧レギンスについてもっと詳しく知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみて下さい。

あわせて読みたい
スポーツ用着圧レギンスおすすめランキング!運動中のレディースに!この記事ではスポーツ用の着圧レギンスをランキング形式で紹介します。脂肪の燃焼や筋肉痛の緩和に有効な運動用着圧レギンス。 どのような...

着圧レギンスの履き方について③:入浴用の着圧レギンスで脚やせを!

お風呂で入浴中の着圧レギンスを履いて脚やせしよう!

着圧レギンスを履きながらの半身浴は、脚やせ効果が高いダイエット方法として注目を浴びています。

入浴用の着圧レギンスは夜用の着圧レギンスとは違いますが、どちらにも使えるような兼用タイプの着圧レギンスもあります。

お風呂のタイミングで入浴用の着圧レギンスを履いて、お風呂から出たら夜用の着圧レギンスを着用する。

そのように使い分けをすれば、より効率よく下半身を引き締めることが出来るはずですよ!お風呂で履く着圧レギンスについてはこちらの記事で詳しく書いています。

あわせて読みたい
入浴用着圧レギンスおすすめランキング!お風呂ダイエットの口コミも紹介!この記事では入浴用着圧レギンスについてランキング形式で紹介します。お風呂で脚やせ出来ると話題の入浴用着圧レギンスですが、本当にダイエット...

着圧レギンスの履き方についてまとめ!

以上、着圧レギンスの履き方についてお伝えしました。どんなに効果のあるダイエットグッズでも、使い方を間違えてしまったら満足できる効果は得られないでしょう。

この記事の内容をしっかりと理解して、正しい履き方で着圧レギンスを活用して下さいね!